デイサービスを経営するコツ|支援サービスの利用がカギ

2人の男性

開業のポイント

シニア

開業までの流れ

デイサービスとデイケアはよく似た介護サービスですが、デイケアはその中でもリハビリ中心のサービスとなります。デイサービスは要介護の高齢者を介護施設に送り迎えし、介護サービスを提供します。提供するサービスには「食事や入浴」「健康状態のチェック」「日常生活のお世話」「リハビリ」「レクリエーション」「日常生活に関する相談や助言」などがあります。デイサービスの介護事業所となるためには、まず法人格を取得しなければ、なりません。法人には株式会社、合同会社、NPO法人、社会福祉法人があります。法人格を取得したら、管理者、責任者等人員基準で定められる人員を配置しなければなりません。人員基準以外にも運営基準、設備基準、施設基準なども満たさなければなりません。開業場所を選び、建物の改築、新築をし、人員を募集します。建物と人員のめどがついたら、介護保険の適用事業所となるために、事業者指定申請を都道府県または市町村に出します。許可が下りると、指定介護事業者となり、デイサービス事業を開始することができます。

代行サービスの利用

事業者指定申請をする書類は介護サービスによってまちまちです。書類作成する際の注意点は「使用する印鑑は法務局登録済みの、法人の代表者印(経営者印)」「添付書類の内、”写し”書類は申請書の代表者名で原本証明する」「申請書類の大きさはA4サイズとする」などが挙げられます。事業者指定申請書の書類の作成は複雑になるので、経営者が行うと、時間と労力がかかります。費用はかかりますが、代行サービス事業者に依頼するという方法もあります。申し込みから書類作成まで約1週間で行う代行サービス事業者もあります。デイサービスの経営は従業員の労務管理が重要になります。間違った労務管理を行うと、従業員との間に、トラブルが起こる恐れもあります。また従業員の定着率が悪くなり、コストが増大することもあります。そのため労務管理が苦手な経営者は社会保険労務士に依頼して、労務管理を代行してもらうという方法もあります。

事前の準備が重要です

ラーメン

ラーメン屋の開業は、始めやすい理由からとても人気があります。その反面、閉店する割合も多い業種です。店舗選びは家賃を重視して経費を抑えることを意識しましょう。そして、事前に土地に足を運んで、自分の目で人通りや飲食店の客の入りなどリサーチしましょう。

詳細を読む

コーヒー店を支援

従業員女性

最近では、カフェ開業をサポートするサービスがあります。このようなサービスでは、開業に必要となるあらゆる知識や技術の習得をバックアップするのが特徴です。様々な不安を解消できるとしてこの手のサービスは人気があります。開業後のアフターサービスも好評です。

詳細を読む

様々な特典

クレジットカード

クレジットカード決済にすれば様々な特典を受けることができます。特にポイントの還元が多いものや、ポイントに様々な利用法があるカードなどを作るようにしましょう。そうすることでお得に買い物を楽しめます。自分の利用法に合わせてクレジットカードを作ることがおすすめです。

詳細を読む