デイサービスを経営するコツ|支援サービスの利用がカギ

女性

事前の準備が重要です

ラーメン

味の方向性で二極化

独立するときの業種として、開業しやすい理由からラーメン屋はとても人気があります。食品衛生管理者の講習を受けるだけで良く、調理師免許は必要ありません。また、運よく居抜き物件を見つけることができれば初期費用を大幅に減らすことも可能です。更にラーメン屋の開業には既存店舗で修行するイメージがありますが、実はこれも必要ありません。ある程度経験を積みたい方は資金作りを兼ねてアルバイトをすればよいですが、正しい経営計画と美味い料理を提供できる技術があれば、すぐに始められます。ラーメンは誰もが一度は口にしたことがある食べ物ですが、いざどんなラーメンを作ればよいか悩むところです。有名店がレシピを公開しているので参考にしてもよいでしょう。今後は今までにない味を追求するか、シンプルで飽きのこない味を継承するかの二極化が予想されます。いずれにしても、ラーメン屋を開業するなら、食べてくれるお客さんが喜ぶ旨い一杯を作りたいですね。

場所選びはリサーチが重要

ラーメン屋の開業は、始めやすい反面、長期的に経営が成り立つ店舗も少ない現実もあります。毎年多くの店が開店する一方で、店をたたむ数も多くあります。開店して1年以内に閉店する割合は4割にもなるというデータがあります。旨いラーメンを作る技術があったとしても、なぜ経営が長続きしないかと言うと、それは家賃などの経費が経営を圧迫しているからです。毎日長蛇の列となる繁盛店であっても、高い家賃をカバーしきれないため閉店するケースも少なくありません。最初の店舗選びは、家賃を重視すると良いでしょう。ただし、余りにも人通りの少ない場所では客足が伸びないので、そのバランスが難しいところです。そこで、重要なのがリサーチです。検討している土地に実際に足を運んで、人通りをチェックしましょう。また、競合店やラーメン屋以外の飲食店に客として入り、客の入りをチェックすると良いでしょう。自分の目で確認することは、とても大きなメリットがあります。